See Saw gallery + hibit

7.6 sat − 8.31 sat 2019

伊藤歌奈子、三波千恵、神農理恵ゆくりか

三人の作品との出会いはみな不意打ちのようで、心に焼きつきながらも像はぼんやりしたまま結ばれず、そのままけっこうな月日が経った。
実に危なっかしくもあるが、作品の底に見える腹の据わりかたが好もしい。理屈に平手を食らわすような相手だから、なまなかには言葉にならない。三人のそういう作品はまるで抜き打ちテストである。
ところで、「ゆくりか」という言葉には「やにわに/おもいがけなく」という意味と「ゆっくり」という音が含まれている。音も意味なのかという議論はさておき、この展覧会のなりたちだけでなく作家たちとその作品にも近いことであり、展示の場でそれを眼と体に染み込ませていただければ幸いである。
企画:山本さつき(美術批評家)

Kanako Ito

1984 愛知県生まれ
2009 名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画コース 卒業

主な個展
2017 「あなたの不在について わたしの不在について」喫茶モノコト、愛知
2011 「Laboratory」GALLERY GOHON、愛知
2010 「伊藤歌奈子個展」Gallery Introart、愛知

主なグループ展
2012 「View」アートラボあいち、愛知
    「密度III」アートラボあいち、愛知
2010 「ARTman」豊田市美術館市民ギャラリー、愛知
    「journey junction」名古屋市民ギャラリー矢田、愛知

Chie Sannami

1980 大阪府生まれ
2010 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画・版画領域 修了

主な個展
2019 「あき地」ギャラリー芽楽、愛知
2013 「トーキョーワンダーウォール都庁2013|三波千恵」東京都庁第一本庁舎、東京

主なグループ展
2018 「落石計画 第10期 クロニクル 2008−2020 ―痕跡と展開―」旧落石無線送信局、北海道
2015 「清須市第8回はるひ絵画トリエンナーレ」清須市はるひ美術館、愛知
2012 「秋の小旅行 2012」尾張瀬戸駅周辺商店街、愛知
2010 「版画/視座/作家たち」ギャルリ プチボワ、大阪
    「アートアワードトーキョー丸の内2010」行幸地下ギャラリー、東京

Rie Shinno

1994 三重県生まれ
2015 名古屋学芸大学メディア造形学部ファッション造形学科 中退
2018 名古屋造形大学造形学部造形学科コンテンポラリーアートコース 卒業
    武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程彫刻コース 在学

主な個展
2019 「a fresh, pleasant feeling」東京造形大学 mime、東京

主なグループ展
2019 「カンガルーが走れば」府中市美術館市民ギャラリー、東京
    「群馬青年ビエンナーレ2019」群馬県立近代美術館、群馬
2017 「みのかもannual2017 “On location”」みのかも文化の森、岐阜

https://jsrie0814.wixsite.com/rieshinno

back to index
page top