See Saw gallery + hibit

3.10 sun − 4.27 sat 2019

森田浩彰End of Light

かつては高度経済成長期以降の世界をくまなく照らそうとする人間の欲望の象徴であった蛍光灯や白熱灯だが、LED照明の一般化、環境負荷等の問題から大手メーカーも生産をやめ急速に市場から消えつつある。それは同時に、3.11の原発事故によって最後通告を受け、社会が継続的に進歩していけるという戦後進歩史観的フィクションの崩壊とも重なる。
とはいえ、ある世代(私個人も含む)にとってはそれらは世界を見る為、理解する為の大前提となる光源だったこともまた事実である。私自身もその光のもとで一言で表せないほどの様々な活動、経験をしてきた。それが私の制作活動の大きな糧になっていることは疑いようがない。現在、それらが社会的役割を終えつつあることに関してはもちろん理解できる。しかし、存在が無意識化されるほどに生活に深く根付いたものが無くなりつつある時期にきてしまうと、その存在が突然重みを増してくる。そして少しばかり別れがたい気持ちになってしまう。
その最後の瞬間になるかもしれない現在という時間を、それらの光源のもとで培ってきた美術を使って記録する方法を探ってみようと思う。

○オープニングパーティー
 3月10日(日)18:00−
 ※初日のみ日曜営業

Hiroaki MORITA

1973 福井県生まれ
1998 Bゼミスクーリングシステム 修了
2002 ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ大学院ファインアート 修了

主な個展
2015 「From Something to Something Else」LISTE 20−Art Fair Basel、スイス
2013 「森田浩彰 Part 1+Part 2」See Saw gallery、愛知
2011 「タイムクエイク」青山|目黒、東京
2008 「Clockwise」青山|目黒、東京

主なグループ展
2017 「Triple Point of Matter」Fondation Fiminco、フランス
2015 「ジャンプ –アートにみる遊びの世界–」十和田市現代美術館、青森
    DIALOGUES展−第2回展「かわのまち」ジョン・ササキ×森田浩彰
    Nihonbashi Institute of Contemporary Arts、東京
2013 「Mono No Aware, Beauty of Things: Japanese Contemporary Art」
    エルミタージュ美術館、ロシア
2012 「MOTアニュアル2012 風が吹けば桶屋が儲かる」東京都現代美術館、東京
2008 「日常の喜び」水戸芸術館 現代美術ギャラリー、茨城

back to index
page top