See Saw gallery + hibit

11.10 sat − 12.22 sat 2018

横野明日香組み合わせ

ダムや山などの風景に加え、近年は静物のある室内風景も描いている。見ることの不確かさを自覚し、絵画を利用してどのように乗り越えていくのかがテーマである。
今回の展覧会タイトルは「組み合わせ」。
私の周りに溢れる、さまざまな色や形や質、大きさをもったものたち。
これらはもともとは別々の場所にあり、違う空間にあった。
私が見ているのは、記憶の中の風景かもしれないし、目の前の風景かもしれない。
そんな時空を超えて組み合わさったコラージュのような風景を、
絵の具の質、タッチ、目線、色、モチーフの組み合わせで表現しようと思った。

また飾られる場所や並び方といった組み合わせでも、受ける印象が変わるだろう。
今回は作品の内容は変えずに、前期・後期で並べ方を変えてみる。
どちらを見たかで、その人の記憶の残り方は違うのではないだろうか。

○アーティストトーク「見ることと描くこと」
11.10 sat 17:00−
◯オープニングパーティ
11.10 sat 18:00−

※12.5 sat –  作品の並び替えを行い、後期展示となります

Asuka YOKONO

1987 愛知県生まれ 愛知県在住
2013 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程 油画・版画領域  修了

主な個展:
2018 「不自由なしかく」GALLERY ZERO(大阪)
2017 「TERRAIN」GALLERY ZERO(大阪)
2015 「Viewpoint」愛知県立芸術大学サテライトギャラリー(愛知)
2014 「somewhere」ギャラリー芽楽(愛知)

主なグループ展:
2017 「密柑山スケッチブック」See Saw gallery+hibit(愛知)
2016 「愛知県立芸術大学創立50周年記念事業油画専攻企画展  INTERWOVEN−編み込まれた世代」名古屋市民ギャラリー矢田(愛知)
    「corner」See Saw gallery+cafe(愛知)
    「VOCA展2016 現代美術の展望−新しい平面の作家たち」上野の森美術館(東京)
2015 「芸術大学連携プロジェクト sky over I」アートラボあいち(愛知)
    「ART PROJECT 2015 MATCH×」岡崎信用金庫資料館(愛知)
2014 「絵画の在りか」東京オペラシティ アートギャラリー(東京)
2013 「アートアワードトーキョー丸の内 」行幸地下ギャラリー(東京)

https://www.yokonoasuka.com

back to index
page top